こんにちは!

蕨歯科クリニックチーフ衛生士の田村です(^^)

みなさん、ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたでしょうか?

仕事も始まり、身体も頭も徐々に仕事モードに切り替わりつつあります。

新元号「令和」もスタートしましたので、気持ちも新たに

頑張っていきましょう!

 

今回は、「蕨の歯医者によくある質問コーナー」 Q&A vol.23

をお届けします。

実際に診療所でお受けした質問にお答えさせて頂きます。

 

Q) こどもの歯(乳歯)に隙間があるけど、このままで大丈夫ですか?

 

A)特に問題はないでしょう。

 

永久歯は乳歯よりも一回り大きくなりますので、

乳歯が隙間なくピタリと生えていると、

どうしても永久歯が生えるスペースが狭くなってしまいます。

そのため、小さなスペースに永久歯が無理やり生えることにより、

ガタガタな歯並びになってしまうことが予想されます。

逆に、乳歯はすきっ歯くらいが理想です。

乳歯のこの隙間を専門用語で言うと「発育空隙」と言い、

大切な隙間として分類されています。

まずはお子様の歯の並びについて、

歯科検診も兼ねて一度チェックを受けることをおすすめします。

蕨歯科クリニックでは、歯科医師2名の他に、

矯正専門医の先生も月に2回のペースで

矯正の無料相談・治療を行っております。

 

矯正治療が必要な場合には、あごを広げる矯正をして、

永久歯が生えるスペースを作ってあげることができます。

矯正は適切な時期にすれば、永久歯が生えてからの矯正よりも

手間も費用も抑えて確実に治療できる方法です。

 

お子様の歯並びに関しては、お家での取り組みも大切になります。

食事は、固いものや繊維の多いものなどよく噛む必要のある素材を選び、

大き目に切ることで噛む回数を増やします。

正しい姿勢で食べさせることも重要です。

あごの発達を促すことで、歯並びをよくすることにつながります。

お気軽に相談してください。

 

⇒矯正治療についてはこちら

http://www.warabi-shika.jp/menu/orthodontic/

 

蕨駅前 予防歯科を中心に小児、審美、入れ歯、インプラント、矯正歯科まで

丁寧なカウンセリングを大切にする街の歯医者さん「蕨歯科クリニック」