一般歯科

虫歯の治療

虫歯の治療で大事なことは感染を徹底的に除去することです。
そして精度の高い被せ物で蓋をしてバイキンが入ってこなくすることです。
言葉にすると簡単ですが、精度を維持しながら治療するのは大変難しいことです。

感染を徹底的に除去

また当院では無痛治療を目指して自動麻酔注射器を導入しており、ほとんど痛みを感じずに麻酔することが可能です。ご希望の方には表面麻酔を用いることによってさらに痛みを少なくできる用意もあります。
麻酔の効きが悪いと感じられた際は当院では伝達麻酔といって特殊なトレーニングを積んだ歯科医師が施術できる麻酔方法を用います。
これは神経の中枢に麻酔を行い確実に麻痺を浸透させる方法になります。

自動麻酔注射器

神経の治療

ラバーダム

当院では神経の治療を行う時はラバーダム治療という方法を推奨しております。
これは神経の治療とは根の中を無菌に近づけるというのが最大の目標です。
神経の治療は世界基準でみると(再治療を除く)90%以上の成功率です。
しかし日本での保険診療での成功率は60%以下といわれています。
この差はどこにあるのでしょうか?

一番には滅菌レベルの差にあります。前述しましたが神経の治療のゴールというのは根の中を無菌にできるだけ近い状態にすることが目標です。
治療には滅菌された器具とディスポの器具、そしてラバーダムなどの器具が必要になります。
ラバーダム診療はムシ歯でなくなった歯を隔壁という治療を行い。壁を作ってから歯にバネをかけお口にゴムのシートをかけて治療中に唾液、細菌などが根のなかに入ってくるのを防ぎます。
そして根の治療の勉強と修練が必要になります。そして一回のアポイントで1時間以上の時間が必要になります。なぜかというと神経の治療は根の中を目に見えないところを感覚と知識で頭のなかでイメージしながら治療していく非常に難しい治療だからです。
しかし神経の治療は非常に重要な治療です。いくら綺麗な被せ物を入れたとしても、根がダメになってしまえば残念ながらその歯はダメになってしまいます。
当院で治療させてもらうときは必要な時間、必要な器具、必要なトレーニング(神経の治療については一年間の研修コースを修了しておりあす。)をもって治療いたします。

診療予約やご相談はお気軽にお電話ください

Copyright © 蕨歯科クリニック | 蕨駅の歯科医院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.